指輪の知っておきたいコト についての記事一覧- ページ 2 / 5 - 結婚指輪について知っておきたいコト

HOME » 指輪の知っておきたいコト

指輪の知っておきたいコト

結婚指輪はおしゃれなものにすべきなの?

結婚指輪とおしゃれ

普通のアクセサリーを選ぶときはできるだけおしゃれなものを選ぶ方がほとんどでしょうが、結婚指輪は必ずしもそうとは限らず、使いやすさ優先で選ぶ方もよくおられます。
おしゃれにはあまり興味がない方や、通常のアクセサリーとは違う指輪として使いたい方は、大切にしたいそれぞれのポイントに応じて指輪を選ぶといいでしょう。
結婚指輪はおしゃれなものにすべきなの? ≫ Click

手作り結婚指輪の基礎は当たり前のこと

人の手で作られた指輪

手作り結婚指輪の基本は、人の手で作られていることです。「当たり前じゃないか」という声もあるでしょうが、当たり前だからこそ重要です。
結婚指輪を人の手で作るのは、簡単ではありません。高温で溶かした金属を用いることもあるので、危険が及ぶこともあります。もちろん、溶かした金属を使わないやり方もあります。溶かした金属を使わない方法の場合、卓越した技術が必要になります。指輪の形を作るだけでも、想像以上の重労働です。
手作り結婚指輪の基礎は当たり前のこと ≫ Click

手作り結婚指輪の基本ってどういうこと?

手作り結婚指輪は手作り!

手作り結婚指輪の基本は、「手作りであること」です。人の手が加わることで、魂と愛情を込めることができます。機械では絶対にできないことです。
「手作り」になるので、必ず何処かに“粗”は出てくるでしょう。「冗談じゃない」「責任を取れ」と、反論が出てくるかもしれません。しかし手作りの醍醐味は、“粗”そのものにあります。指輪に出てくる粗は、作った人の思いそのものです。思いは機械で生み出すことは、絶対にできません。プロの職人が真似をしようとしても、再現は不可能です。正しく本物の「世界に1つしかない指輪」と言えるでしょう。
手作り結婚指輪の基本ってどういうこと? ≫ Click

手作り結婚指輪の基礎は準備期間?製法?それとも…?

甘い新婚生活を送る方法

結婚指輪を自作できたら、ロマンチックな新婚生活は約束されたようなもの。でもどうやって結婚指輪は手作りするのか、結婚指輪の準備方法についてもわかっていなければ、ロマンチックな新婚生活は夢幻になるでしょう。
恋愛映画のような甘い生活を送るためにも、まず抑えておきたいのが手作り結婚指輪の基本です。基本を抑えることができれば、理想の結婚指輪を自作することができるでしょう。結婚50年経っても、甘い新婚生活を送ることもできます。
手作り結婚指輪の基礎は準備期間?製法?それとも…? ≫ Click

手作り結婚指輪について知る

基本的なことをマスターしておく

手作り結婚指輪が欲しいと思った場合、どのように作るのか、いくらぐらいかかるのか、どこに行けばよいのかという基本的なことだけはマスターしておくべきでしょう。
現在はインターネットで簡単に調べられる時代なので、あらかじめ知っておくべきことは確認するとスムーズに手作り結婚指輪ができます。

まずは手作りを行う場所ですが、指輪工房と呼ばれているところに行けば職人の指導を受けながら手作りができます。
初心者でも全く問題ありませんし、使用する素材や宝石、サイズや形なども自由に選べるので、自分が思い描いた通りの結婚指輪が作れるでしょう。

ただし、店のようにいきなり訪ねて行っても手作りができるわけではないので、事前に予約をしなければいけません。
手作りとは言っても、最初から最後まで自分たちだけで行うわけではないので、誰でも作業が可能なところだけを手作りします。

その他によくわからない点や不安な点があれば、事前に問い合わせをしておきましょう。
工房の評判や料金相場などもインターネットで簡単に調べることができます。

手作り結婚指輪について知る ≫ Click

結婚指輪を手作りする時期

手作りするならいつからがよいのか

結婚指輪を手に入れる方法はいろいろとあります。

普通に既製品を購入する方法もありますし、セミオーダーや古オーダーする方法もありますし、工房で手作りすることも可能です。

この中で最も時間がかかるのがフルオーダーになりますが、現在では工房に行けば自分たちである程度手作りすることもできます。

では、結婚指輪を手作りする場合には、どれぐらいの時期に行えばよいのでしょうか。

利用する工房や混雑具合などによっても多少異なりますが、最短でも完成までに1ヵ月以上はかかると見ておくべきでしょう。

状況によってはもっと期間が必要になる場合も珍しくはないので、できれば3ヵ月前ぐらい前に手作りをするのがおすすめです。
結婚指輪を手作りする時期 ≫ Click

口コミでも人気?パラジウムの結婚指輪が気になる

注目を集める新しい素材

結婚指輪でお悩みになりやすい素材選び。

最近では定番以外の素材も注目を集めるようになっています。

たとえばパラジウムです。

口コミでも人気を集めていますが、どんな素材なのか詳しくない方もおられるでしょう。

優れた特徴もある一方で、注意したい特徴もあります。

口コミだけで購入する前に知りたい素材の基礎知識をご紹介しましょう。

口コミでも人気?パラジウムの結婚指輪が気になる ≫ Click

メンズ向けの結婚指輪って安い?

メンズ向けの指輪は安くなる?

アクセサリーにあまり興味がなく、結婚指輪にも特にこだわりがない男性もおられますよね。

そのような方だと、いろいろな希望をしない代わりに、メンズ向けだけでも指輪が安くなるかが気になるポイントかもしれません。

これはデザインや素材次第となり、メンズ向けだから必ず安いとは限りません。

なるべく安い結婚指輪がいいなら費用に影響しやすいポイントを知っておくといいでしょう。

メンズ向けの指輪だから安いとは限らない?

実際に指輪の値段をカタログなどで見てみると、メンズ向けよりもレディース向けの指輪の方がわずかに高いというモデルもよく見つかります。

これを見ると確かにメンズ向けの方が安くなるように思えるかもしれませんが、実際には値段への影響が大きいポイントは別にあります。

それ次第では、メンズ向けの方が高くなることもありえますから注意してください。

メンズ向けの結婚指輪って安い? ≫ Click

個性的な手作り結婚指輪を作ってみましょう

手作りの結婚指輪とは

ブライダル関連のメディアでも近年、多く取り上げられているのが手作り結婚指輪です。

手作り結婚指輪を作れる専門店によって多少は、相違点がありますが、基本的には基本料金やその他の費用も含めて10万円以内から作成できる専門店がほとんどです。

作成時間は、作成するデザインや技量によっても変化してきますが平均して3時間程となっています。

また、お店に行ってからの流れとしては、最初に、どのようなデザインをイメージしているのか、イメージ通りのものを作成することは可能なのか、どのようなペースで作成していくのか、結婚式の日までに対応できるのか、どのくらいの料金が必要なのか、オプションのことなどを専門的知識を持った店員と打ち合わせをします。

この際に作るイメージが中々わかない、結婚式の日までには間に合うのかなど疑問点や都合などは店員が丁寧に対応してくれますので手作り結婚指輪についての予備知識などが無くても大丈夫です。

打ち合わせが終われば、次に指輪の作成に入っていきます。

個性的な手作り結婚指輪を作ってみましょう ≫ Click

手作り結婚指輪を買取してもらう

手作りした結婚指輪は買取できるのか

既製品として店に売っている結婚指輪であれば、買取をしてくれる店もたくさんあります。

では、手作りした結婚指輪の場合には買取が可能なのでしょうか。

結論から言えば、手作りした物であっても買取をしてくれる店はありますが、買取をしてくれない店も存在しています。

価格はどのような素材を使ったのか、どのようなデザインになっているのか、刻印が入っているかによって変わります。

結婚指輪はデザインによる価値と、素材による価値の2つがあります。

そのため、使用している素材や宝石に価値があるので、手作りをしたとしても売ることができるのです。

手作り結婚指輪を買取してもらう ≫ Click