無名ブランドの結婚指輪は恥ずかしい? - 結婚指輪について知っておきたいコト

HOME » 指輪の知っておきたいコト » 無名ブランドの結婚指輪は恥ずかしい?

無名ブランドの結婚指輪は恥ずかしい?

結婚指輪はブランドで選んだほうがいいの?

同じ材料を使っている商品でも、有名店と無名店では価格がまったく違うことがよくあります。

代表的なものはアクセサリーや洋服などのファッションです。

結婚指輪も、無名ブランドか有名ブランドかによって価格にあからさまな差が出る商品です。

安い無名ブランドのほうがいいのか、それとも有名ブランドのほうが何か特典があるのか、アクセサリーに興味がないとそういったことが分かりません。

無名ブランドの結婚指輪は恥ずかしい?

カルティエ・ティファニーなど、有名ブランドも結婚指輪は取り扱っています。

有名ブランドの結婚指輪と無名ブランドの結婚指輪、何が違うのかといえば、信頼度です。


有名ブランドの結婚指輪がなぜ高いのかといえば、高クオリティのアクセサリーを必ず販売してくれるという信頼があるからです。

偽物が少ない日本ではあまり実感できませんが、偽ブランドやパクリ商品が横行している海外などでは、信頼度がとても重要になってきます。

しかし先ほども述べた通り、日本では偽物のものを見つけるほうが大変です。

町の宝石店でも信頼できる高クオリティのアクセサリーが販売しています。

実は日本では有名ブランドの結婚指輪を買うメリットは、海外で購入するほど大きくありません。

周囲に自慢したいから有名ブランドの結婚指輪が欲しいという人もいますが、現在は多様化の時代です。

一昔前ほどブランドに興味は持たれていません。

周囲から結婚指輪のブランド名を聞かれることはほとんどないでしょう。

無名ブランドだからと恥ずかしい思いをすることはありません。

まれにブランドでマウンティングをしてくる人もいるにはいますが、無名ブランドの結婚指輪はむしろそういった価値観の人をあぶりだせる踏み絵のような役割をしてくれます。

結局は、どれだけ自分がそのブランドの結婚指輪が欲しいかで選んだほうが正解です。

ちなみに無名ブランドの結婚指輪を選んだ人は、「高いものを買うとなくしたときが怖いから」「自分の好みを優先した結果」「アフターケアが充実していたから」などの理由で、自分の結婚指輪を選んだようです。