手作り結婚指輪を買取してもらう - 結婚指輪について知っておきたいコト

HOME » 指輪の知っておきたいコト » 手作り結婚指輪を買取してもらう

手作り結婚指輪を買取してもらう

手作りした結婚指輪は買取できるのか

既製品として店に売っている結婚指輪であれば、買取をしてくれる店もたくさんあります。

では、手作りした結婚指輪の場合には買取が可能なのでしょうか。

結論から言えば、手作りした物であっても買取をしてくれる店はありますが、買取をしてくれない店も存在しています。

価格はどのような素材を使ったのか、どのようなデザインになっているのか、刻印が入っているかによって変わります。

結婚指輪はデザインによる価値と、素材による価値の2つがあります。

そのため、使用している素材や宝石に価値があるので、手作りをしたとしても売ることができるのです。


ただし刻印が入っている場合には、刻印の部分を削る必要が出てくるので、通常よりも買取価格が安くなる場合が多いでしょう。

使用している素材や宝石の価値が低い物であった場合、買取自体ができなくなることもあるのです。

ここでも1つ注意することがあるのですが、結婚指輪を指輪として買取をしてもらうのか、素材として買取をしてもらうのかによって価格がわかります。

結婚指輪として買取をしてもらう場合、先程記載した通りに刻印があると削る必要があるので価格が下がるのですが、素材として買取を行ったのであれば、特に価格が下がることはありません。

少しでも高く買取をしてもらうには

せっかく手作りした結婚指輪を少しでも高く買取をしてもらうためには、手作りする前の段階で、使用する素材や宝石を高価な物にしておくことです。

そうすれば使用している素材や宝石の価値自体が高くなるので、当然高く売ることができるでしょう。

買取をしてもらう場合には、結婚指輪の状態にも注意しないといけません。

汚れている状態やキズが付いている状態では、その分価格は下がってしまうでしょう。

普段から丁寧に取り扱い、売るときにはきれいに清掃をしてからにするのがよいでしょう。

結婚指輪のケースなどの付属品類を揃えておくことでも、買取価格を上げることができます。