メンズ向けの結婚指輪って安い? - 結婚指輪について知っておきたいコト

HOME » 指輪の知っておきたいコト » メンズ向けの結婚指輪って安い?

メンズ向けの結婚指輪って安い?

メンズ向けの指輪は安くなる?

アクセサリーにあまり興味がなく、結婚指輪にも特にこだわりがない男性もおられますよね。

そのような方だと、いろいろな希望をしない代わりに、メンズ向けだけでも指輪が安くなるかが気になるポイントかもしれません。

これはデザインや素材次第となり、メンズ向けだから必ず安いとは限りません。

なるべく安い結婚指輪がいいなら費用に影響しやすいポイントを知っておくといいでしょう。

メンズ向けの指輪だから安いとは限らない?

実際に指輪の値段をカタログなどで見てみると、メンズ向けよりもレディース向けの指輪の方がわずかに高いというモデルもよく見つかります。

これを見ると確かにメンズ向けの方が安くなるように思えるかもしれませんが、実際には値段への影響が大きいポイントは別にあります。

それ次第では、メンズ向けの方が高くなることもありえますから注意してください。

高級素材を使うほど高くなりやすい

結婚指輪の素材にもいろいろなものがありますが、高い素材を使う方が高くなりがちです。

プラチナとゴールドはどちらも結婚指輪によく使われますが、どちらも高級素材です。

こだわりがないからこそなるべく安くしたいなら、チタンやパラジウム、ステンレスといった安い素材もおすすめです。

必要な素材の量を減らそう

指輪の形成に必要な素材の量が増えるほど、指輪代は高くなります。

なるべく安くしたいなら細身のストレートがおすすめです。

ただ、細くしすぎると強度が弱まりますから、厚みのある指輪を避けるようにすると、普段使いには問題ない強度を残しつつ、安くなります。

宝石はつけないのがおすすめ

宝石も指輪代に含まれますから、安くしたいなら宝石はつけない方がおすすめです。

特にこだわりがない方にとっては、宝石が外れるといったリスクもなくなり、使いやすい指輪にもなるでしょう。

メンズ向けだけでも安くなるようにデザインしてみよう

結婚指輪はペアリングになりますが、メンズとレディースで細かいデザインまで完全に統一する必要はありません。

そこでメンズ向けだけでも安い素材を選び、なるべく細身のストレートに近いデザインにし、宝石もつけないようにすると、こちらの指輪代をかなり節約できます。

自分の指輪だけでも安くしたい男性の方は、このようなポイントを押さえて指輪を選ぶといいでしょう。